卒業生の皆様へ
For Graduates

調査書等の証明書類発行について

各種証明書類の発行については、以下のようになりますので、間違いのないよう注意してください。

本校では、法律(学校教育法施行規則第28条第2項)に従い、指導要録の「指導に関する記録」を卒業後5年間保管した後、破棄しております。また、「学籍に関する記録」については卒業後20年間保管した後、破棄しております。これらの書類の破棄に伴い、卒業後5年以上を経た卒業生に対しては、「調査書」および「成績証明書」の発行が不可能となりますので、注意してください。また、卒業後20年以上を経た卒業生に対しては、「調査書」・「成績証明書」および「単位修得証明書」の発行が不可能となっております。

なお、これらの書類が発行できないという証明書の発行はいたします。また、「卒業証明書」の発行はできます。

教育実習について

茗渓学園の卒業生が母校での教育実習を希望する場合は、以下のように手続きを進めてください。

  1. 次の条件を満たす人だけ応募してください。
    1. 教員第一志望であること
      これについては事後の処理として、公立学校教員採用試験または私立中学校高等学校教員適性検査を受験することが望ましい。
    2. 本校の実習期間に実習できること
      5月中旬から6月上旬に、3週間実施します。
  2. 実施する前年度の5月の連休より前に本校の担当者(教頭)の面接を受け、本校所定の「教育実習受け入れ依頼書」と大学から発行してもらった2年間の「成績証明書」とを連休明けに担当者に郵送してください。
  3. 受け入れの諾否は6月中に連絡します。受け入れを許可された場合は、大学から 「教育実習受け入れ内諾依頼書」を教頭宛に郵送してください。
ページの上部へ