教育実習について

教育実習について

平成31年度に、本校卒業生が母校での教育実習を希望する場合は、以下のように手続きを進めてください。

  1. 次の条件を満たす人のみ、応募してください。
    1. 教員第一志望であること
      これについては事後の処理として、公立学校教員採用試験 または 私立中学校高等学校教員適性検査を受験することが望ましい。
    2. 本校の実習期間に実習できること
      6月上旬に、3週間で実施します。
  2. 実施する前年度の4月末までに、本校の担当者(副校長)の面接を受け、本校所定の「教育実習受け入れ依頼書」と、大学発行の2年間の「成績証明書」を、それぞれ5月連休明けまでに担当者へ郵送してください。
  3. 受け入れの諾否については、6月初めに連絡します。
    受け入れを許可された場合は、大学から 「教育実習受け入れ内諾依頼書」を、担当 副校長宛に郵送してください。

平成31年度 教育実習実施希望 卒業生の皆さんへ

平成31年度の茗溪学園教育実習生面接を、下記の日程で実施します。

茗溪学園で教育実習希望の卒業生は、「面接受付」をお願い致します。

  • 受付期間: 平成30年3月5日(月)~4月26日(木)
  • 受付担当窓口: 副校長 黒澤紀久
  • 教育実習受付手順 :
    ① 電話またはメールにて、担当 黒澤と連絡を取り、面接日時の決定
    電話 029-851-6611 (茗溪学園) メール kurosawa@meikei.ac.jp
    ② 面接実施 (教育実習志望内容等の確認他)
    ③ 校内会議を経て、受け入れ審査
    ④ 平成31年度受け入れについて返答 (希望者へメール連絡)
    ⑤ 大学教育実習関連事務官に受け入れ内諾書発行

<注意>

  • 受け入れ面接期間を過ぎての面接は実施できません。
  • 面接時は、教育実習生として相応しい服装で来校のこと。
ページの上部へ